Sponsored Link

マダム由美子さんへの批判

マダム由美子さんが批判されたという噂があるようです。

どうやら、マダム由美子さんが代表を務める「日本ハイヒール協会」の活動が、男女平等に逆行するとして海外メディアから批判された、ということがあったようです。

欧米諸国では、「女性が勤務中にハイヒールを着用するよう義務付けるのは性差別である」という考え方から、ハイヒール反対運動が広がりを見せているのだそうです。

「ハイヒール」というものが、女性差別を象徴するものとして捉えられているのですね。

そこへ、マダム由美子さんが「ハイヒールを美しく履きこなす」ことを提唱したことから、海外の各メディアから集中砲火を浴びてしまったということのようです。

Sponsored Link

マダム由美子さんの真意と海外メディアの誤解

しかし、実際には、マダム由美子さんご自身が女性ということもあり、性差別のような意図があったとは考えにくいです。

あくまでも、マダム由美子さんが提唱しているのは、

「ハイヒールを美しく履きこなすことで、いきいきとした毎日を過ごせる女性が増える社会を目指す」

ということで、「女性にハイヒールを履かせることを強要する」ものとは全く違います。

しかし、海外メディアには、その辺が歪められて伝わってしまったことで、そのような批判が起きてしまったようです。

言葉の翻訳の問題があって、この辺は難しいところだと思いますが、ちゃんと日本語ができる人がマダム由美子さんの話を聞けば、こんな批判は起きなかったはずです。

マダム由美子さんにとってはとんだ災難でしたが、海外メディアの方も、もう少し注意深く取材するべきでしたね。

そして何よりも、メディアの流す情報を鵜呑みにするのではなく、私達自身が注意深く受け取らなければならないということなのでしょうね。

以上、マダム由美子さんについてでした。最後までお読み頂きありがとうございました。