Sponsored Link

土井善晴さんの結婚

土井善晴さんは1987年、30歳のときに結婚なさっています。

子供は娘さんがいらっしゃるようです。

娘さんに関しては、1991年生まれで父親と同じ料理の道へ進み、フランス・リオンのポール・ボキューズの料理学校でマネジメントを専攻し、卒業後はフランス企業に就職した、という情報がありました。

それ以外のことは詳しくは分かりませんでしたが、ネット掲示板の書き込みに、「小学生の頃にテレビに出たのを見たことがあり、母親似の和風美人だった」というものがありました。

Sponsored Link

土井善晴さんの家族

土井善晴さんの父親の土井勝さんは、関西の家庭料理の第一人者として知られており、「きょうの料理」や「土井勝の紀文おかずのクッキング」などで家庭料理を多く紹介しました。

「おかずのクッキング」は現在では土井善晴さんが跡を継いでおり、1974年以来40年以上にもわたって続く長寿番組として親しまれています。

母親は土井信子さんといい、やはり料理研究家をなさっていたようです。

土井善晴さんには土井敏久さんというお兄さんがおり、飲食店や名物料理、イベント等の店舗開発、商品開発、販促などの分野に主に携わっているようです。

土井敏久さんを「料理研究家」としている文献もあるようですが、一方で土井善晴さんのインタビューに「(兄は)今は料理とは関係のない世界にいる」という発言がありました。

ですので、「料理研究家」と言っても、土井善晴さんのような料理人としてではなく、プロデュースやマーケティングなど、飲食のビジネスに関する方面でご活躍なさっているものと考えられます。

他に、妹さんが一人いらっしゃるようですが、こちらも土井善晴さんによれば「今は料理とは関係のない世界にいる」のだそうです。

なお、土井善晴さんについて「クスリで逮捕歴あり」といった物騒な噂があるようですが、これは父親の土井勝さんと俳優の勝新太郎さんがごっちゃになって(どちらも「勝」)、情報が歪められている可能性が高そうです。

以上、土井善晴さんについてでした。最後までお読み頂きありがとうございました。