Sponsored Link

「サラたまちゃん祭り2017。評判/通販/レシピ/保存方法。」の続きです。

サラたまちゃんのレシピ、保存方法

サラたまちゃんの保存方法は、普通の新玉ねぎと同じように、直射日光や高温多湿を避け、風通しのよいところに保存するとよいです。

サラたまちゃんの食べ方は、何と言っても生のまま食べることです。とても甘くて、辛味も少ないため、水にさらさずに、そのまま生で食べられるのだそうです。

薄くスライスして生野菜と混ぜたりとか、生ハムや馬刺しやカツオのたたきに添えるなど、手軽に楽しむことが出来ます。

わかめやしらす干しと海藻サラダにしたり、ツナ缶とマヨネーズで和えてサラダにするのもよいようです。

スライスして焼肉や鶏の唐揚げにのせたりするのもよいでしょう。

生でも甘いのですが、火を通すとより一層甘みが増します。

また、おろし金ですりおろして、ガーゼでこしたりジューサーで絞ることで、なんと「サラたまちゃんジュース」を作ることができるそうです。

辛味がほとんどなく、甘みの強いサラたまちゃんだからこそできる芸当なのでしょうね。

JAあしきたによるレシピ集がありますので、興味がありましたらこちらをどうぞ。

Sponsored Link

サラたまちゃんの評判、通販、ドレッシング

さて、サラたまちゃんですが、3月~6月の間しか市場に出回らないということです。通販もやっているみたいです。ドレッシングもあるみたいですね。

実際にサラたまちゃんを食した方たちの感想ツイートです。

どのツイートも絶賛でした。本当に甘くて、生でもおいしく食べられるみたいですね。こんなツイートもありました。

3月に出回りはじめ、6月には市場から消えてしまうみたいですね。注目度急上中ということもあり、買うなら早めに動いたほうがいいかもしれません。玉ねぎは保存もききますからね。

サラたまちゃんを使ったドレッシングもあります。

以上、サラたまちゃんについてでした。最後までお読み頂きありがとうございました。