Sponsored Link

岩渕選手の強さの秘密は?

岩渕選手は、2016年、大学4年生のときには、リオパラリンピック2016に出場します。
しかし、結果は惨敗。予選敗退という苦い経験を味わいました。
そこで東京大会に向けて見直したのが、装具です。
今年2019年4月から、プラスチックから、より丈夫なカーボン製の装具にかえました。(オーダーメイドです。)
岩渕選手「以前のものだと、つま先をついたときに戻ろうとすると強い負荷がかかってしまう。今の装具は素材が強いので、反発を利用して戻る動きができるようになった。」といいます。
今では、左足でしっかりと踏み込むことができ、その反動で素早く体勢を整えられるようになりました。本来はできない動きができるようになりました。
岩渕選手「僕は装具なくしては動けないので、ラケットと同じくらい大事な道具。」といいます。

Sponsored Link

さらにもう一つ取り組んでいることがあります。
あるものの気持ちになって行うユニークなトレーニング、バランスを高めるためのトレーニングです。
何をイメージしているかというと、『赤ちゃん』です。
赤ちゃんのように背中を使って動くトレーニングがあり、背骨の可動域が広がり、体を効率的に使えるようになるといいます。
岩渕選手「やっていくうちに今まで動かなかったところが動くようになって、体も柔らかく使えるようになってきた。」と話します。
バランス力があがり、今では左足だけで立つことができるようになりました。
その成果は試合でもでています。
岩渕選手「体に近いところを突かれたときは体を倒して1本をしのげたり、柔軟性を生かした動きができている。」と話します。
東京大会でのメダルに期待がかかります。

以上、岩渕幸洋選手についてでした!