Sponsored Link

山本篤選手の結婚やお子さんについて

山本篤選手には、小学校教諭の妻がいます。プロ転向の際、収入の不安も懸念されましたが、その際、妻の理解も大きかったといいます。
2018年春には、お子さんも生まれ、お父さんとなりました。

お子さんがかわいいです。素敵な動画ですね。

日本パラ陸上競技連盟会長の増田明美さんによると、
「山本篤選手は、結婚してからの記録がよくなっている、小さいお子さんもいていいパパ。家族が力になっている。」とおっしゃっています。

夏冬二刀流&数少ないパラアスリートのプロ選手

山本篤選手は、35歳の2017年に、スズキ浜松ACを運営するスズキを9月末に退社して、10月から太陽光発電事業を手掛ける新日本住設とスポンサー契約を結びました。
プロ契約は20年末まで、契約は陸上、スノーボード両競技の支援のほか、パラリンピックや世界選手権での報奨金支給も盛り込まれています。

2017年1月に、「スノーボードで2018年平昌挑戦」と、世間を驚かせた山本篤選手は、次には「プロ転向」の挑戦を決めます。
この背景には、「後輩たちにプロの道もあることを示したかった。いくつになっても常に挑戦したい気持ちがある。」ということです。
障がい者雇用という形で企業に所属する選手が増える中、「別の選択肢があってもいいかな」と考えたともいっています。
現在は4社のスポンサー支援を得ています。

山本篤選手は、小学校の頃から冬になると2~3回、家族で信州方面へスキー旅行へ出かけていたそうです。スノーボードは篤選手が中学校の頃から熱中していたそうです。
バイク事故のときも、医師にスノーボードはできるかと確認していたそうです。
そして、篤選手は、その年の暮れ、兄の昌臣さんにスノーボードに連れていくよう、繰り返し懇願します。昌臣さんは最初は断っていましたが、その熱意に根負けし、連れて行きました。
家族の心配をよそに、篤選手は「楽勝」といって帰ってきたそうです。
兄の昌臣さんも、「え、こんなにできるんだ」と篤選手の運動能力の高さに驚いたようです。
このエピソードを知ると、平昌大会でのスノーボード競技の挑戦は、山本篤選手にとっては当然の流れだったのだろうか、と思えてしまいます。

2017年2月から競技としてのスノーボードを本格的に始め、ワールドカップ6位入賞などの実績を残し、平昌パラリンピックの出場を見事に果たしました。

Sponsored Link

2019年現在

2019年5月10日、北京グランプリ。山本篤選手はこの大会で走り幅跳び(T63)の日本記録を約3年ぶりに更新しました。
目標としていた世界記録には7センチたりませんでしたが、記録は6m70の日本新でした。

パラ陸連会長の増田明美さんに、「とにかく元気なやんちゃスター、記録もよくなっている、注目の選手です!」といわれる山本篤選手は、「東京大会で、その時の最高のパフォーマンスをして、一番いい色のメダルがついてくるとうれしい」と、話しています。

来年の東京大会がますます楽しみになります。

東京パラリンピック 山本篤選手出場予定 日程

東京パラチケット抽選予約が始まりました。
2019年9月9日午前11:59までの申し込みです。

まだ出場が決まったわけではありませんが、出場希望予定である、100mと走り幅跳びの日程です。
 T63男子走り幅跳び  決勝 2020年8月29日 PM19時から
 T63男子100m    予選 2020年8月30日 PM 19時から
 T63男子100m    決勝 2020年8月31日 PM 19時から
となっています。

以上、山本篤選手についてでした!