Sponsored Link

谷 真海選手のご結婚やお子さんについて

谷選手は2014年に大手広告代理店に勤務している男性とご結婚され、
2015年に長男を出産されています。
2019年8月現在、お子さんは4歳になっており、プレ大会のときには、

「ママがんばれー」と応援してくれるそうです。
お子さんはママはアスリートなのだとわかっているようですね。

お子さんに応援されると、力が出るそうです。

平日の練習は、息子さんが就寝中の早朝からスタートし、週末は夫が自転車に息子さんをのせてジョギングの並走をしてくれるときもあるとか。

家族が協力しあってパラリンピック出場を目指していることが伝わります。

Sponsored Link

谷 真海選手の義父はフランス料理シェフ谷昇さん

谷選手の夫の父親は、神楽坂でフランス料理のオーナーシェフをされている、谷昇(たにのぼる)さんです。
谷昇さんは、進化し続ける料理で日本のフランス料理を牽引されています。

谷昇さんと谷真海選手の二人には、忘れられない出来事があるそうです。
2017年トライアスロン転向してすぐの、アジア・フィリピンでの選手権で、谷真海選手はお腹を壊してしまい、1週間くらい、何も食べられない状況でした。
1週間後には大事な国際大会が控える中、体重は落ち、水しかうけつけられない状態でした。
そこで、谷昇さんは、真海さんのために、エゾシカのコンソメスープを作りました。エゾシカのもも肉、骨、血を丸3日かけて凝縮させて作るスープです。
谷真海選手は、このスープだけは体に入っていった、生き返るような、エネルギーが湧いてくるようだった、と話していました。
そして、1週間後の2017年世界パラトライアスロンシリーズ横浜大会では、見事優勝します。
昇さんは、すごく嬉しかった、真海さんに元気になってもらいたい、自分に何ができるかと思い、その結果が少しでもでてくれればと思っていた、といいます。
いまでは、真海さんがすぐに飲めるようにと、「コンソメ まみ」スープを冷凍して常に用意しているそうです。
このエピソードで、二人の信頼しあう親子の関係がとてもよく伝わります。

次ページ:東京パラリンピック出場への壁、2019年シーズン、実績、日程について