Sponsored Link

立川志らくさんが偉そうで嫌い?

立川志らくさんについて、偉そうで嫌いという声があるようです。

立川志らくさんは「ひるおび!」のコメンテーターとして月曜日から金曜日までレギュラー出演していて、そのことに疑問を感じる声があるみたいですね。

「専門家でもない、ただの落語家が何を偉そうに」といった反応が少なくないようです。

まあ何と言うか、これはコメンテーターの宿命なのでしょうね。

個人的な話ですが、情報番組(たとえばクロ現)などで、社会問題について小説家がコメンテーターだったりすると、「なんで小説家?専門の研究者とか出さないの?」と思ってしまったりします。

立川志らくさんに対しても、そういう感覚をおぼえる人が少なくないのかもしれませんね。

Sponsored Link

立川志らくさんの行列ができる法律相談所での態度

他には、「行列ができる法律相談所」に出演したときの態度が話題になったようです。

そのときの立川志らくさんは、仏頂面で何もしゃべらず、偉そうな雰囲気で周りの共演者たちに気を遣わせてしまっているという状態だったそうで、これに対しても批判があったようですね。

立川志らくさんは、師匠の立川談志さんに、

「才能だけなら噺家の中で一番」

と評されるほどの才能を持つ落語家ですが、テレビとなると勝手が違うのかもしれませんね。

談志さんは続けて、

「もちろん才能だけだよ。他はない。あくまでも「だけ」なんだ」

と評していたそうです。これはもしかしたら、立川志らくさんのそういう点を的確に指摘していたものなのかもしれませんね。

以上、立川志らくさんについてでした。最後までお読み頂きありがとうございました。