Sponsored Link

茂木宏美さんの引退理由、今後

茂木宏美さんは2016年の11月29日から12月2日まで行われたファイナルQTに出場しないことを決断しました。

ファイナルQTとは、来シーズンのツアー出場のための最終予選会で、これに出場しないというのは、現役引退を示唆するものになります。

実際、茂木宏美さんは2016年11月26日付のブログに、

今年の結果、またこの3年間のチャレンジを振り返り自分自身「やりきった。」と感じたからです。

と、感謝の言葉とともに引退理由を表明しています。

茂木宏美さんは2002年にプロテストに合格後、2003年に初シード権を獲得。

以後2013年まで11年連続でシード権を獲得し続けていました。

2014年は産休の影響もあり、シード権を逃したものの、2015年に再び獲得。

しかし、2016年に再びシード権を失います。

Sponsored Link

茂木宏美さんの言う「3年間のチャレンジ」がたどったこの経過を振り返り、「やりきった」と感じたようですね。

3年連続なら分かる気もしますが、2015年に一度シード権を獲得しているので、まだまだやれそうな気が個人的にはします。

ですが、プロ2年目以来シードが当たり前で、ツアー通算6勝の実績のある茂木宏美さんにとっては、産休などの理由もなく、万全の状態でシードを失ったということは大きかったのかもしれませんね。

もちろん、それだけでなく、年齢的なことや、娘さんのことなど、いろんな要素が複合した上での決断なのだろうと思います。

また、茂木宏美さんの今後については

これからのことは家族と少しずつ決めていきます。

とのことですが、アース製薬との所属契約、ブリヂストンとのクラブやボールやウェアの契約は継続するようですね。

トーナメントプロは引退しましたが、アース製薬でのレッスン会や講演会、プロアマなど、普及面での活動を続けています。

また、出身地の群馬県みどり市の観光大使、テレビやラジオ出演などでもご活躍なさっています。

プライベートでは、旦那さんと娘さんと過ごす時間が増えたとのことで、今後は育児などにも積極的に参加していくようですね。

以上、茂木宏美さんについてでした。最後までお読み頂きありがとうございました。

↓↓ゴルフの真髄↓↓