Sponsored Link

蛭子能収さんの息子・蛭子一郎

蛭子能収さんには蛭子一郎さんという息子さんがいらっしゃいます。

蛭子一郎さんは1974年生まれ。

幼い頃からファミコンにハマり、中学生の頃に自宅のパソコンで音楽制作やゲームのプログラミングを独学で身に付けます。

バンド活動(作曲とベース担当)を経て、コンシューマーゲームブランドのKIDに所属し、ゲームプログラマーとして勤務します。

その後、「ノイジークローク」というゲーム音楽制作会社に就職し、現在は第1制作部の部長サウンドデザイナーという肩書でBGMや効果音を担当なさっています。

ドラゴンクエストモンスターパレードやポケモン不思議のダンジョンなど、数多くの有名ゲームの制作に関わっており、業界でも第一線をいく一流のサウンドデザイナーとして知られています。

分野は違いますが、蛭子一郎さんは、父親・蛭子能収さんのアーティストの血を引き継いでいるのですね。

Sponsored Link

蛭子一郎さんの嫁、子供、家族

なお、蛭子一郎さんは2007年に、ケーキ屋さんを営む一般女性とご結婚なさっているそうです。

現在3人のお子さんがいらっしゃるそうですが、名前や学校、年齢など、一般人ということもあり、詳細な情報は出回っていないようです。

ちなみに、蛭子能収さんの息子さんについて、auのCMの一寸法師役だとか、重版出来に出演だとかいう噂があるようですが、こちらは俳優の前野朋哉さんを指すものと思われます。

前野朋哉さんは、その風貌が蛭子能収さんに似ていることから、そのような噂が立ったようです。

お顔を拝見すると、確かに前野朋哉さんは蛭子能収さんに似ていますが、特に血のつながりはないようです。

蛭子能収さんの前妻、その病気と死因、再婚相手、子供については次のページで!