ハートネットTVにファッションデザイナーの長屋宏和(ながやひろかず)さんが登場。

長屋宏和さんはF3レーサーとして活躍しましたが、現在は重度の障がいを負っています。

その長屋宏和さんのクラッシュ事故、結婚相手の池上舞子さん、結婚式披露宴などについてです。

Sponsored Link

長屋宏和さんのプロフィール

名前:長屋宏和(ながや・ひろかず)
出身地:東京都渋谷区
生年月日:1979年12月31日
血液型:A型
学歴:堀越高等学校卒業
職業:ファッションデザイナー

長屋宏和さんは、中学校1年生のとき、友達に誘われて鈴鹿サーキットのF1レースを観戦したのがきっかけで、レーサーを志すことになりました。

14歳でレーシングカートを始め、1996年に地方カート選手権関東東を皮切りに、1997年、1998年と全日本カート選手権、ワールドカップに出場します。

1999年には、フランスの石油会社・エルフの奨学金「エルフ・スカラシッププログラム」によりフォーミュラ・ルノー・キャンパス(現在のフランスF4)に参戦します。

2000年、2001年にはホンダの若手ドライバー育成プロジェクトである「フォーミュラ・ドリーム」に参戦し、3位という好成績を上げます。

ちなみにフォーミュラ・ドリームからは、元F1ドライバーの井出有治さんなどが輩出しています。

Sponsored Link

長屋宏和さんのクラッシュ事故とその後

レーサーとして将来を嘱望されていた長屋宏和さんを悲劇が襲います。

2002年10月13日に鈴鹿サーキットで行われたF1グランプリの前座レースであるフォーミュラ・ドリームにF3ドライバーとして参戦した長屋宏和さんは、他のレーサーと接触事故を起こしてしまいます。

長屋宏和さんのマシンは縦に6回転半したうえ、観客席フェンスに激突し、大クラッシュしてしまいました。

事故の様子

この事故により、長屋宏和さんは頸髄損傷、四肢麻痺という重度の障がいを負ってしまいます。

しかし、事故後も必死でリハビリを行い、2004年には見事レースに復帰するほどに回復します。

事故後、車椅子生活を送る長屋宏和さんは、自分を含め、障がいを抱えて車椅子生活を送る人たちのための洋服を、自らの手でデザインすることに興味を持ちます。

そして、2005年には、服の補正業を営む母親の技術と自らのアイデアを組み合わせて、ファッションブランド「ピロレーシング」を立ち上げます。

以後、ピロレーシングの商品開発に取り組みながら、レーサーとしても活躍を続けています。

長屋宏和さんの結婚相手。結婚式披露宴に安倍首相?

長屋宏和さんは2015年5月11日に、池上舞子さんという方と結婚しました。長屋宏和さんのブログに披露宴の写真があります。お二人とも幸せそうな笑顔です。舞子さん、とてもお綺麗な方ですね。

結婚式は2016年9月11日に諏訪大社上社で、披露宴は17日に帝国ホテルで行われました。

披露宴にはなんと安倍晋三首相夫人の安倍昭恵さんが出席なさったのだとか。

そして、安倍首相からは祝電を寄せられたのだそうです。

ものすごい人脈ですね(゜o゜;

長屋宏和さん、2013年にはこれまでの活動が認められて、内閣総理大臣賞奨励賞を受賞なさっているので、そのときに首相夫妻とお知り合いになったのでしょうね。

長屋宏和さん、不運にも重い障がいを負ってしまいましたが、生涯追い続けられる目標と、すばらしい仲間たちに囲まれて、これからも躍進を続けるのだろうと思います。

以上、長屋宏和さんについてでした。最後までお読み頂きありがとうございました。