落語家の春風亭一之輔さんがプロフェッショナル仕事の流儀に登場。

youtube動画やラジオがひどいこと、笑点特大号や講演会、スケジュールやチケットが関心を持たれているようです。

その春風亭一之輔さんの結婚や妻、弟子はいるか、出身高校大学や経歴などwikiプロフィールについて調べてみました。

Sponsored Link

春風亭一之輔さんのプロフィール

名前:春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)
本名:川上隼一(かわかみ・としかず)
出身地:千葉県野田市
誕生日:1978年1月28日
年齢:39歳(執筆時)
学歴:埼玉県立春日部高等学校、日本大学藝術学部放送学科卒業

春風亭一之輔さんは1978年千葉県野田市出身。

埼玉県立春日部高等学校卒業後、日本大学藝術学部放送学科に進学。

大学では、落語研究会に所属します。同研究会の著名なOBには、高田文夫さん、森田芳光さん、立川志らくさん、古今亭右朝さんなどがいます。

2001年3月に大学を卒業後、同年5月に春風亭一朝さんに入門し、7月に前座となり、「朝佐久」を名乗ります。

2004年11月に二つ目に昇進し、「一之輔」に改名します。

以後、2005年に、将来性ある若手落語家を顕彰する「岡本マキ賞」を受賞したのを皮切りに、

NHK新人演芸大賞落語部門大賞
文化庁芸術祭大衆芸能部門新人賞
平成23年度国立演芸場花形演芸大賞
平成24年度国立演芸場花形演芸大賞
第32回浅草芸能大賞新人賞
平成27年度彩の国落語大賞

など、数々の賞を受賞。

途中、2012年に21人抜きの大抜擢で真打ちに昇進を果たすなど、最も注目される気鋭の落語家の一人として活躍しています。

Sponsored Link

春風亭一之輔さんの結婚

春風亭一之輔さんはご結婚なさっており、現在二男一女の父親となっています。

2013年の時点で長男が小学生、次男が幼稚園、長女が2歳とのことでした。

当時は朝7時に起きて、朝ごはんを食べた後は長男を小学校へ送り出し、洗濯をして、次男を電動自転車で幼稚園に送り、その後奥さんと娘さんの3人で昼食を食べ、仕事に出かける、というルーティンだったそうです。

落語家のような職業の人にありがちな「芸は身の肥やし」という考え方にはあまり共感していないようで、若い女性のいるところにはあまり行きたがらないのだそうです。

その代わりに、男だけで飲んだり話したり、一人で本を読んだりする方がよいのだとか。

また、時間の空いた時はなるべく家族と一緒にいるようにし、娘と公園に行ったりザリガニ釣りをしたりしているのだそうです。

落語家は破天荒な私生活の人が少なくないイメージがありますが、春風亭一之輔さんに限っては、かなり安定した家庭人の日常生活を送っているようです。

春風亭一之輔さんのイケメン弟子、春風亭きいちさんについては次のページで!