雨の慕情、なみだ恋、舟歌などで知られる紅白歌手・八代亜紀さんについて、コンサートや絵画展作品、ジャズやドリー、カップや地震のことなどが話題です。

その八代亜紀さんについて、夫の増田登さんや結婚、美人の若い頃などと共に調べてみました。

Sponsored Link

八代亜紀さんのプロフィール

名前:八代亜紀(やしろ・あき)
本名:増田明代(ますだ・あきよ)旧姓橋本
出身地:熊本県八代市
誕生日:1950年8月29日
年齢:66歳(執筆時)
レーベル:日本コロムビア
所属:ミリオン企画

八代亜紀さんは1950年熊本県八代市生まれ。

幼少の頃から父親の歌う浪曲を子守唄代わりに聴きながら育ってきた八代亜紀さんは、早くから歌手を意識するようになりました。

中学校卒業後は、地元のバス会社でバスガイドとして勤務していましたが、15歳で上京し、銀座のクラブ歌手となります。

1971年にテイチクより「愛は死んでも」でデビュー。読売テレビ「全日本歌謡選手権」に出場し、10週連続勝ち抜きでグランドチャンピオンに輝くという快挙を成し遂げます。

以後、「なみだ恋」「舟歌」「雨の慕情」など、大ヒットを連発し、国民的な女性演歌歌手として不動の地位を築き上げます。

演歌歌手以外にも、ジャズ歌手としてブルーノート東京やニューヨークの名門ジャズクラブ・バードランドなどでのライブを行ったり、また画家としてもフランス「ル・サロン」展に5年連続で入賞するなど、現在に至るまで多方面で活躍を続けています。

Sponsored Link

八代亜紀さんは昔の若い頃から美人で綺麗

八代亜紀さん、60代半ばを過ぎた現在も、とても若々しくお綺麗で、プロポーションも素晴らしいですよね。

若い頃はどれほどだったろうと、気になりますよね。

こちらが八代亜紀さんの若い頃のお姿です。美人かつ可愛いですよね。

肌の露出が多めのものもあります。

お顔立ちもですが、肌も綺麗ですよね。若い頃からプロポーションも抜群だったことがうかがえますよね。

八代亜紀さんの結婚秘話、旦那の増田登さんについては次のページで!