Abysseアビスのフレンチシェフ・目黒浩太郎さんが得する人損する人に登場。

イケメンと評判の目黒浩太郎さんですが、皆川明さんとのこと、その結婚や彼女、年齢、経歴などwikiプロフィールに興味が持たれているようです。

その目黒浩太郎さんについて、オーナーシェフを務める外苑前の魚介フレンチのお店・Abysseアビスの評判や予約など基本情報とともに調べてみました。

Sponsored Link

目黒浩太郎さんのプロフィール

名前:目黒浩太郎(めぐろ・こうたろう)
出身地:神奈川県
誕生日:1985年
年齢:31歳か32歳(執筆時)
学歴:服部栄養専門学校調理ハイテクニカル経営学科卒業
現職:魚介フレンチレストラン「Abysse」オーナーシェフ

目黒浩太郎さんは1985年神奈川県生まれ。

祖父は和食の料理人、母は栄養士という家庭環境に育ちます。

幼い頃から祖父に憧れていた目黒浩太郎さんは、料理人を目指すようになり、服部栄養専門学校調理ハイテクニカル経営学科に進学します。

フランス料理の授業では、外部からフランス料理のオーナーシェフが指導してくれたりなど、非常に刺激になったそうです。

卒業後は都内のレストランを渡り歩き、料理人としての修行を積みます。

Sponsored Link

そして、30歳までに独立するという目標を掲げ、26歳で渡仏し、マルセイユの三つ星レストラン「Le Petit Nice」(ル・プチ・ニース)で修行を積みます。

このLe Petit Niceは、魚介料理だけで3つ星を獲得しており、目黒浩太郎さんはこの店で修行する中で「他の人にはできない魚介料理を作れる」「魚でやっていこう」と決意するに至ったそうです。

フランスに残ってさらに魚介料理の修行を続ける道も考えたそうですが、「30歳までに独立」という目標を掲げていた目黒浩太郎さんは、日本で足場を固めることが大事と判断し、帰国を決意します。

帰国後は国内有数の名店「カンテサンス」で2年半岸田周三さんに師事し、さらに研鑽に励みます。

そして、2015年3月に念願の独立。外苑前に魚介フレンチ「Abysse」(アビス)をオープンします。

「Abysse」(アビス)はオープン当初から話題で、1年目にいきなりミシュラン1つ星を獲得するという快挙を成し遂げています。

なお、Abysseは「深海」という意味のほかに「奥深きもの」という意味もあるそうです。

自らの運営する店の雰囲気や料理の味に、これらの意味を込めているのでしょうね。

目黒浩太郎さんの結婚や彼女、Abysse(アビス)の評判や基本情報は次のページで!