1億円の盆栽作品雲龍の小林國雄さんが、格付けや林先生の初耳学への出演で話題です。

他に華厳や青龍などの作品も有名です。

その小林國雄さんの年収や経歴などwikiプロフィール、また春花園BONSAI美術館について調べてみました。

Sponsored Link

小林國雄さんのプロフィール

名前:小林國雄(こばやし・くにお)
出身地:東京都
誕生日:1948年
年齢:68歳または69歳(執筆時)
学歴:東京都立農産高等学校園芸科卒業

小林國雄さんは1948年東京都生まれ。

小林國雄さんの父親は園芸をやっており、その跡を継ぐために東京都立農産高等学校の園芸科へ進学します。

卒業後は、父親の跡を継いで園芸を営みますが、それだけでは物足りず、28歳の時に盆栽の道へと足を踏み入れることになったそうです。

小林國雄さんによると、園芸と盆栽の違いは、「植物の美」と「植物の命の尊厳」なのだそうです。

盆栽の200年、300年、1000年という寿命の長さに、命の重さを感じたのだそうです。

ただ、それだけでなく、最初は「儲かるかも」という考えはあったようです。

しかし、やっていくうちに、儲けよりも盆栽そのものに魅せられていき、どんどんのめり込んでいったそうです。

修行時代は1日15時間~20時間も盆栽をいじっていたのだそうですが、完全に独学で、たくさん失敗もしてきたそうです。

しかし、その努力が実って、現在までに史上最多の4度も内閣総理大臣賞を受賞し、ヨーロッパやアメリカや中国など世界各地で講演を行うなど、超一流の盆栽作家として大成しています。

小林國雄さんの作品「雲龍」に1億円の値がついたことが話題になりましたが、1億円超えの作品は他にもいくつもあるようです。

また、盆栽の師匠としても多くの弟子を育て、現在までに200人以上の国風展入選者を輩出しています。

Sponsored Link

小林國雄さんの年収

小林國雄さんの年収についてですが、詳しいことは分かりませんでした。

ただ、億を超える価格の盆栽作品を多く世に送り出していること、美術館や盆栽教室を経営していること、テレビなどメディア出演や講演、書籍の出版といった活躍ぶりなどから、相当な収入を得ているものと考えられます。

小林國雄さんの「春花園BONSAI美術館」は、小林國雄さんが53歳の時に、私財10億円を投じて設立されたのだそうです。

盆栽を始めたのが28歳で、10億円を出して美術館を設立したのが53歳のときです。

これらのことから、小林國雄さんの年収は億単位のレベルの可能性があります。

春花園BONSAI美術館

住所:〒132-0001 東京都江戸川区新堀1-29-16
営業時間:10時-17時
定休日:月曜日(祝祭日は開館)
TEL:03-3670-8622

入館料
一般:800円(税込) (お茶付き)
学生:600円(税込) 
その他団体割引有り

また、春花園では小林國雄さんによる盆栽教室が毎週日曜日に開催されています。

初年度入会金は1万円で、年会費は2万円。一日体験が一人一回3800円とのことです。詳しくは美術館または上の電話番号でご確認くださいとのことです。

以上、小林國雄さんについてでした。最後までお読み頂きありがとうございました。