きよちゃんと小泉りあちゃん(小泉りりあ)が「ザ・ノンフィクションその後の中年純情物語」で戻ってきます。

小泉りあちゃんのカタモミ女子脱退から2年経ち、小泉りあちゃんと、ファン以上彼氏未満のようなきよちゃんのその後、そして今現在は?

前回の復習も兼ねて、ご紹介したいと思います。

Sponsored Link

カタモミ女子について

カタモミ女子は、2012年に結成されたいわゆる地下アイドルグループです。

カタモミ女子とは、秋葉原にあった地下アイドルたちのお店で、彼女たちが肩を揉むというサービスを提供しているのだそうです。

そして、店での仕事が終わった後は、店舗内でアイドルとして歌や振付の練習にいそしみます。

アイドルとしては無名に近く、前回のザ・ノンフィクション放映時(2015年)でファンの数は100人に満たなかったといいます。

ただ、アイドルとしての出演料は0円ですが、店舗での勤務に対する報酬があるため、一般的な地下アイドルとは違い、収入はある程度保証されていたそうです。

ザ・ノンフィクションのヒロインである小泉りあちゃん(当時は小泉りりあ)は、月収20万円ほどだったそうですので、地下アイドルとしては金銭的にはそこそこ恵まれていたみたいですね。

Sponsored Link

小泉りあちゃん(小泉りりあ)について

小泉りあちゃんは茨城県つくば市出身の、元カタモミ女子の初代センターです。

元々とても内気で人と接するのが苦手だったそうですが、大学へ進学後、そんな自分を変えたいと、大学を休学してこの世界に飛び込んだのだそうです。

しかし、ファンが全くつかず、自信を失くしてしまい、辞めようとおもっていたのだそうです。

そこに現れたのがきよちゃんでした。きよちゃんは、小泉りあちゃんの最初のファンになることを宣言し、熱心に推し続けます。

おかげで、小泉りあちゃんは「1人でもファンがいるなら、続けられる」と自信を取り戻し、アイドルを続けることを決意。

2015年にはカタモミ女子を脱退しますが、その後も地元つくば市に在住しながらセルフプロデュースでソロアーティストとして活動を続けています。

現在も渋谷や代々木、秋葉原、新宿など東京各地および地元の茨城を中心にライブやイベント活動を続け、ラジオパーソナリティとして隔週出演するなど、活動の幅を広げています。

また、現在まで「ヴァンパイア」「線香花火」の2枚のシングルCDをリリースしており、2017年4月26日には3枚目のシングルCDとなる「Cheer up LIA!」をリリースします。

きよちゃんのプロフィール、その後については次のページで!