落語家の立川談笑さんについて、韓国の親族、韓国推しで好きで詳しいという噂、一門会やスケジュール、チケットやtwitter、赤めだかや下町ロケット、とくダネ!などが関心を持たれています。

その立川談笑さんの、行方不明の真相、結婚や家族、経歴などwikiプロフィールについて調べてみました。

Sponsored Link

立川談笑さんのプロフィール

名前:立川談笑(たてかわ・だんしょう)
本名:小田桐英裕(おだぎり・ひでひろ)
出身地:東京都江東区
誕生日:1965年9月23日
年齢:51歳(執筆時)
身長:182センチ

立川談笑さんは1965年東京都生まれ。

海城高等学校、早稲田大学法学部を卒業後、予備校講師などを経て、1993年に立川談志さんに入門し、立川談生を名乗ります。

1996年に二つ目に昇進し、2003年の立川談笑襲名を経て、2005年に真打ちに昇進します。

また、師匠として、二つ目の立川吉笑さんや立川笑二さんなど、弟子の育成にも力を注いでいます。

古典落語をベースとしながら、ブラックジョークを交えた改作を演じるという芸風で活躍しています。

Sponsored Link

立川談笑さんと赤めだか

立川談春さんで検索すると「赤めだか」と出てきます。

「赤めだか」というのは、落語家・立川談春さんのエッセイで、談春さんが立川談志さんに入門してから真打ちに昇進するまでの苦悩や葛藤を描いたものです。

2015年には、TBS系で、ビートたけしさんを立川談志役、二宮和也さんを立川談春役としてドラマ化され、話題となりました。

立川談笑さんも同じ立川談志門下で、年齢も近く(1歳違い)、名前も似ていることから、お二人が混同されたのかもしれませんね。

ただ、年齢は近いものの、立川談春さんは高校を中退して入門し、1997年に真打ちになり、立川談笑さんは大学を卒業後に入門し、2005年に真打ちになっています。

ですので、落語家の世界では、立川談春さんの方が大先輩ということになります。

立川談笑さんの結婚や家族、行方不明の噂、韓国との関係は次のページで!