ディズニーの土井香織(ドイカオリ)さんといえば、ハリー・ポッターシリーズ、アナと雪の女王、ズートピアなど数々の世界的大ヒット作品のライティングを手掛けた日本人アーティストとして知られています。

その土井香織さんの経歴や大学学歴、結婚などwikiプロフィールについてしらべてみました。

Sponsored Link

土井香織さんのプロフィール

名前:土井香織(どい・かおり)
出身地:広島県東広島市
所属:ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ

土井香織さんは、1999年から2001年まで、ゲーム制作会社のカプコンに勤め、バイオハザードやディノクライシスなどのゲームのモデラーを担当します。

モデラーというのは、画面内の3D空間にキャラクターや建築物、自然物などのモデルを作っていく作業を担当する人のことをいいます。

2002年に映像制作会社のデジタル・フロンティアに転職し、アップルシードやポケモンヒーローズなどのアニメを担当します。

その後、映画やドラマのCGやVFXの制作会社であるエヌ・デザインを経て、ゲーム制作会社のスクウェア・エニックスに転職します。

VFXとは「ビジュアル・エフェクツ」の略で、視覚効果と訳されます。たとえば、3DCGを使って実写の映像を加工することなどが含まれます。

土井香織さんは、スクウェア・エニックスではファイナルファンタジーシリーズ、キングダムハーツシリーズなどの看板シリーズのライティング・ディレクターを担当しています。

2010年にイギリスのVFX制作会社であるダブル・ネガティブへ移り、ハリー・ポッターシリーズのライティング・ディレクターを担当。

2012年にウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオに転職し、アナと雪の女王、ズートピア、モアナ等のライティングを担当し、現在に至ります。

Sponsored Link

土井香織さんの大学

土井香織さんの学歴についてですが、ネット上では「日本工学院」を卒業している、という書き込みがありました。

日本工学院専門学校は、放送、声優、演劇、マンガ、アニメーション、ゲームクリエイター、CG映像などの知識や技術を学ぶ専門学校です。

土井香織さんはゲーム制作会社のモデラーとしてキャリアをスタートさせています。

確かに、モデリングのようなゲーム制作の現場で即戦力となる技術は、東京工学院のような専門学校で教えていることが多いです。

ですので、土井香織さんが専門学校をご卒業なさっている可能性はありますが、あくまでネット上の書き込みなので、真相は定かではありません。

土井香織さんの結婚

土井香織さんは結婚なさっており、現在の戸籍名は吉田香織という名前になっているようです。

土井香織さんは、2010年にロンドンに行き、そこでハリー・ポッターシリーズのライティングを手がけ、その後結婚なさったようです。

結婚相手がカリフォルニア在住だったため、ロンドンの会社を辞めてカリフォルニアに移住します。

現地で職探ししていたところで、ディズニーがちょうど募集をしていたので応募したところ、採用されたのだそうです。

面接の時には英語があまりにできなくて散々だったそうですが、見事採用され、アナ雪やズートピアのような大ヒット作を手がけるようになります。

こうやって見ると、土井香織さんが、映像アーティストなら誰もが憧れるディズニーで働いているのは、ご本人の実力だけでなく、偶然や幸運もかなり味方していたことが分かりますよね。

そして、その偶然や幸運を見事に捕まえられたのも、土井香織さんの卓越した力量があってこそだということも分かります。

以上、土井香織さんについてでした。最後までお読み頂きありがとうございました。