「人生の楽園」で岡山県・吉備中央町に移住した大谷勝則さん・節子さん夫妻の暮らしが取り上げられます。

この吉備中央町というのは、定住支援制度が充実していて、田舎への移住を考えているならぜひ押さえておきたいところではないかと思い、調べてみました。

Sponsored Link

大谷勝則さん・節子さん夫妻が吉備中央町に移住

大谷勝則さんは、もともとドラマ撮影の現場で使う植木を扱う造園の仕事をなさっており、その後水道設備会社に勤めます。

節子さんとは58歳のときに出会ったのだそうです。晩婚かと思いきや、お二人とも最初の伴侶とは死別だったのだそうです。

出会って間もない2012年に再婚を決意し、大阪の都会で暮らし始めますが、土いじりが好きだった節子さんには、都会暮らしはなじまなかったようです。

そして、大谷勝則さんは移住を決意し、吉備中央町の築70年の古民家を購入し、節子さんと二人でリフォームに取り掛かったのだそうです。

2年の歳月をかけ、2015年の秋についにリフォームが完了し、移住の運びとなりました。

移住後のお二人は、畑仕事に庭づくり、薪割りなど、何でも自分たちの手でこなす、多忙ながら充実した日々を過ごしています。

Sponsored Link

吉備中央町について

吉備中央町は、岡山県の真ん中に位置し、様々な希少な野生の動植物が生きている、自然豊かな山間の田園地帯です。

大谷勝則さん・節子さん夫妻は2013年に吉備中央町の古民家を購入し、自分たちでリフォームし、2015年に移住しました。

実は、大谷さん夫妻が特別というわけではなく、吉備中央町は移住先の候補地としてはかなり有名なところのようです。

というのも、吉備中央町は町を挙げて移住の促進に力を入れているからです。

具体的には、「お試し暮らし支援」「空き家活用」「奨励金」の3本立てのほか、就業や結婚の支援など、その内容は多岐にわたります。

吉備中央町の移住促進の取り組み、支援制度のメリットなどは次のページで!