建築家・永山祐子(ナガヤマユウコ)さんが清川あさみさんと共にスイッチインタビューに登場。

子育てしながらアートシーンの最先端で活躍するという共通点を持つお二人ですが、その永山祐子さんの結婚や夫、子供、大学など学歴や経歴といったwikiプロフィールについて調べてみました。

Sponsored Link

永山祐子さんのプロフィール

名前:永山祐子(ながやま・ゆうこ)
出身地:東京都
誕生日:1975年12月18日
年齢:41歳(執筆時)
学歴:昭和女子大学生活科学部生活環境学科卒業
資格:一級建築士
現職:永山祐子建築設計主宰

永山祐子さんは1975年東京都生まれ。

父親は、東京大学教授を経て自然科学研究機構統合バイオサイエンスセンター名誉教授である生物物理学者の永山國昭さんです。

また祖父は高名な建築家・谷口吉郎氏の研究室で島崎藤村美術館などの設計に携わっており、家には建築や美術関係の本があったのだそうです。

当初永山祐子さんは、父親の影響からバイオ系を志望していたそうです。

しかし、高校時代の友人が建築学科に行くと聞いて、瞬間的に祖父のことやいろんなことが一気に結びつき、「自分はバイオではなく建築だ」と思ったのだそうです。

そして、大学は昭和女子大学生活科学部生活環境学科に進学し、1998年に同大学卒業後、青木淳建築計画事務所に勤務します。

同事務所では、住宅の設計を主に担当しました。

永山祐子さんは、当初すぐに独立する予定ではなかったのだそうです。

しかし、事務所での仕事は多忙を極め、一度ゆっくりと休んで長い旅行などをしたいと思い、いったん事務所をやめたのだそうです。

すると、事務所をやめて2、3週間ほど経ったとき、元の事務所の青木淳さんから美容室の設計の仕事を振られたのだそうです。

それがきっかけで独立を決意し、2002年、永山祐子建築設計を設立します。

そして最初の仕事の仕事が評価され、継続的に仕事が来るようになりました。

以後も2004年の中之島新線駅企画デザインコンペ優秀賞を皮切りに、2005年のJCD デザイン賞 2005奨励賞「ルイ・ヴィトン京都大丸」、2007年のベスト デビュタント賞(MFU)建築部門受賞、2014年の日本建築家協会JIA新人賞受賞「豊島横尾館」など、多くの賞を獲得し、気鋭の建築家として注目を集めています。

Sponsored Link

永山祐子さんの旦那、子供

永山祐子さんは2013年2月23日に結婚なさっているようです。

永山祐子さんの旦那さんについては詳しい情報は出回っていないようですが、お名前を「アキラ」さんと言い、アーティストなのだそうです。

ワンダーリリーの社長・ユリーカさんという方のブログに写真がありましたので、興味があると探して見るとよいと思います。

ユリーカさんによれば「あこがれの夫妻」だそうです。

ユリーカさんと言えばセレブとしても知られる敏腕女社長で、そのような方にそう言われるというのは、アキラさんもきっと優秀なアーティストなのだろうと考えられます。

また、永山祐子さんには息子さんと娘さんがいらっしゃるようです。2014年5月のインタビュー記事の時点で2歳と5ヶ月と答えていたので、現在は5歳と3歳くらいだと考えられます。

永山祐子さんの作品、年収については次のページで!