NHK「目撃!日本列島」で佐世保の母こと溝口美佐子さんと溝口商店(長崎県佐世保市)が取り上げられます。

リアル「深夜食堂」とも呼ばれる溝口商店ですが、その経営者の溝口美佐子さんの存在がとても大きいようですね。

どのようなところなのか興味があったので、溝口美佐子さんのこととともに、溝口商店の営業時間やメニュー、場所などについて調べてみました。

Sponsored Link

溝口美佐子さんと溝口商店について

溝口商店は佐世保市にある1949年創業の小さな食堂です。

店頭には、ショーケースにお惣菜がずらりと並んでいて、一見するとお惣菜屋さんにも見えるたたずまいです。

しかし、店の奥に座席があり、お酒を飲んだりご飯を食べることもできます。初めて行くと気づきにくいかもしれませんね。「商店」とあることから、もともとはお惣菜屋さんから始まったのでしょうかね?

アルコール類を飲みながら、お惣菜や刺し身などの一品料理をいただくことができます。

溝口商店は1958年からずっと24時間営業を続けているそうです。夜の部(午後9時~午前9時)を担当するのが、経営者である溝口美佐子さんです。

店には様々な常連客がやってきては、さまざまな悩みや思いを打ち明けます。溝口美佐子さんはそれをただ受け止めます。まさにリアル「深夜食堂」ですよね。

溝口美佐子さん、今年で91歳になりますが、頭はとてもしっかりしていて、10年ぶりに来たかつての常連客の顔もちゃんと覚えているくらいなのだとか。

ちなみにネット上のコメントを見ると、48年前から通っている(!)というものがあり、軽く衝撃を受けました。長く通い続ける常連さんがとても多いようで、地元の人たちにとても愛されていることが伝わってきました。

Sponsored Link

溝口商店のメニュー

溝口商店には母の味ならぬおばあちゃんの味とも言えるお惣菜類をはじめ、定食や一品料理など、さまざまなメニューが提供されています。

常連さんに人気なのは、コショウの利いたちゃんぽんなのだそうです。長崎っぽくていいですね。

メニューは2016年時点では以下のようになっていました。

ちゃんぽん 500円
煮そーめん 300円
冷しそーめん 400円
焼そば 300円
焼うどん 300円

焼飯 400円
カレーライス 400円
オムライス 400円
親子丼 400円

うどん 250円
玉子うどん 300円
丸天うどん 350円
きつねうどん 350円
カレーうどん 400円

白波(芋焼酎)350円
いいちこ(麦焼酎)300円
三楽 250円

ビール大瓶 500円
缶ビール(500ml)400円
缶ビール(350ml)350円

現在は少し変更があるかもしれませんが、いずれにしても非常に安いことに変わりはないでしょう。

お惣菜はポテトサラダや野菜の煮物、刺し身、グリンピースおにぎりなどです。

なお、お惣菜の方ですが、値札を貼っているわけではないので価格は不明だそうですが、この価格表から推測するに、こちらもかなり安そうです。

溝口商店の営業時間と場所

溝口商店は24時間営業で、休みは元旦(1月1日)以外は年中無休です。

場所は「長崎県佐世保市上京町7-11」です。松浦西九州線の佐世保中央駅から186mの距離です。

ちなみに溝口商店の左手に見える赤青白は「ビッグマン」という佐世保バーガーの有名店の軒先です。なんでも佐世保バーガーの代表であるベーコンエッグバーガー発祥の店だそうです。佐世保バーガーにも興味のある人はぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

以上、溝口商店と溝口美佐子さんについてでした。最後までお読み頂きありがとうございました。