女優たぬきこと田上美佐子(タノウエミサコ)さんの最晩年の姿がNNNドキュメントで全国放送されます。

末期がんと闘いながら、死去まで一貫して命の尊さを訴え続けたその生き様が描かれます。

田上美佐子さんの経歴、夫や子供など家族の現在などwikiプロフィールについて調べてみました。

Sponsored Link

田上美佐子さんのプロフィール

名前:田上美佐子(たのうえ・みさこ)
出身地:東京都調布市
生年月日:1954年10月14日
命日:2016年10月23日(満62歳没)
血液型:AB型
学歴:東京都立神代高等学校卒業
所属事務所:ハンナハウス

田上美佐子さんは1954年東京都調布市生まれ。

仮死状態で生まれ、幼いころから自閉症で、言葉もろくに話せなかったそうです。

しかし、娘を変えたいと強く願った母親が、田上美佐子さんを8歳でプロの演劇集団に入団させたことが転機になります。

劇団では、セリフを覚えるために、ひらがなの「あ」から学び始めるといったありさまでしたが、入団から10ヶ月後、ついにセリフ付きの初舞台を踏むことになりました。

泣きながらの演技でしたが、観客には大受けし、自分の演技に対する観客の反応を感じ取った田上美佐子さんは、演技で人を幸せにしようと決意します。

そして12歳からは一人芝居を始め、その後2014年に末期の大腸がんが見つかり、2016年10月にがんに倒れるまで、戦争の悲惨さや命の尊さを演技で伝え続けました。

Sponsored Link

田上美佐子さんの旦那、子供、家族

田上美佐子さんの旦那さんは田上裕志(たのうえ・ひろし)さんといいます。

田上裕志さんは、田上美佐子さんの所属事務所とも言えるハンナハウスの代表をなさっています。

ハンナハウスには芸能部門と自動車部門があります。

芸能部門には田上美佐子さん、息子の田上陽一さん、田上晃吉さんが所属しており、自動車部門では新車・中古車・車検・板金・修理を扱っています。

ずいぶん畑が違いますが、独立する以前は自動車整備士などをなさっていたのでしょうかね?

お二人の間には子供が4人いて、さらにお孫さんが7人いらっしゃるのだそうです。

長男の田上陽一(1978年生)さんは、音楽プロデューサーとして、手嶌葵さんや乃木坂46、池田綾子さん、私立恵比寿中学などのアーティストに楽曲を提供しています。

長女の永野順子(1980年生?)さんは薬剤師で、現在ご結婚なさっており福岡県在住なのだそうです。

永野順子さんはゴスペルシンガーとして、兄の陽一さん、弟の晃吉さんとともに田上美佐子さんの舞台に参加なさっていたようです。

次男の田上晃吉(1982年生)さんは、クイーンズアベニュー所属の俳優です。

榎木孝明さんの付き人を経て2002年に俳優デビューを果たし、NHK大河ドラマや土曜ワイド劇場など、さまざまなドラマや舞台、CMで活躍しています。

三男の田上裕(1986年生)さんは、現在鹿児島ユナイテッドFCに所属するサッカー選手で、キャプテンをなさっているそうです。

田上裕さんには田上蹴太郎くんという息子さんがいて、田上美佐子さんの舞台に出演することもあったそうです。

こうやって見ると、田上美佐子さんは、本当に立派なお子様たちに恵まれたことが分かります。田上美佐子さんの肉体は滅びても、きっとその精神はお子様方にしっかりと受け継がれているのだと思います。

以上、田上美佐子さんについてでした。最後までお読み頂きありがとうございました。、