保延真織(ホノベマオリ)さんがザ・ノンフィクションに登場。

南甲府警察署の鑑識係に勤務する女性警察官・保延真織さんが同じ職場の男性警察官と結婚するに当たって、披露宴と妊娠という2つの試練が。

その保延真織さんの仕事、試練、夫や、巡査長という階級、珍しい苗字「保延」の読み方由来などについて調べてみました。

Sponsored Link

保延真織さんのプロフィール

名前:保延真織(ほのべ・まおり)
年齢:28歳
所属:南甲府警察署刑事第一課鑑識係
階級:巡査長たる巡査

保延真織さんの仕事

保延真織さんは現在28歳。山梨県で一番忙しいと言われる南甲府警察署に勤める女性警察官です。

事件現場で犯人の指紋や足跡を採取する刑事第一課鑑識係の巡査長をなさっています。

様々な刑事ドラマで定番のあの仕事ですね。ドラマと違って、現実の鑑識は目を背けたくなるような場面を数限りなく見続けなければならないでしょうから、肉体的にも精神的にもとても大変なものだと思います。

しかし、保延真織さんは、そんな現場仕事が大好きなのだとか。見た目は華奢で可憐な印象を受けますが、強靭な精神力をお持ちなのでしょうね。

Sponsored Link

保延真織さんの試練

保延真織さんは職場で知り合った男性警察官と結婚しますが、そこで警察の職場結婚に特有の問題が発生します。

警察という組織は軍隊に似ていて、階級が絶対の世界です。そのため、保延真織さんは結婚披露宴の席次という問題に頭を悩ませることになったのです。

さらに、図らずも妊娠が発覚し、大好きだった現場での仕事からもしばらく離れざるを得なくなってしまいます。

いずれも結婚、妊娠という人生の幸福な一大イベントにまつわるマイナス面なので、ある意味「嬉しい悲鳴」「ぜいたくな悩み」という見方もあるかもしれませんが、その渦中にいる保延真織さんにとっては試練なのでしょうね。

ザ・ノンフィクションの放映では、その試練に立ち向かう保延真織さんの姿に迫ります。

なお、山梨警察署の公式ツイッターアカウントで、ザ・ノンフィクションの告知をしています。当たり前ですが、警察署の全面的な協力を受けたのでしょうね。

保延真織さんの巡査長という階級の位置づけ、苗字については次のページで!