戦力外通告を受けた元ロッテ・青松敬鎔(青松慶侑)さんがバース・デイに登場。

青松敬鎔(青松慶侑)さんに関して、審判への侮辱、トライアウト、ブログやツイッターなどに関心が集まっています。

その青松敬鎔(青松慶侑)さんの、就職先や収入、嫁などについて調べてみました。

Sponsored Link

青松敬鎔(青松慶侑)さんのプロフィール

名前:青松敬鎔(あおまつ・けいよう)
登録名:青松慶侑(読みは同じ)
出身地:京都府京都市伏見区
生年月日:1986年12月7日
身長:185センチ
体重:83キロ

青松敬鎔(青松慶侑)さんと韓国

青松敬鎔さんについて、「韓国」「韓国人」という関連ワードが出てきます。

現在は改名して青松慶侑となっていますが、どちらにしてもあまり日本人には珍しい名前です。

そんなところから韓国と関係あるのではないかと思われたのでしょうね。

ただ、この「鎔」という漢字は、日本人の人名にはほとんど使われませんが、韓国人の人名としてはごくありふれたものです。

韓国人の名前は、五行説にもとづいて、「木・火・土・金・水」を含む漢字を使うのが一般的です。「鎔」には「金へん」が含まれていますよね。

ですので、青松敬鎔さんが韓国系のルーツのある人である可能性は比較的高いのではないかと個人的には思います。

Sponsored Link

青松敬鎔(青松慶侑)さんの嫁

青松敬鎔さんはご結婚なさっており、奥さんは鷲巣あやのさんというタレントの方で、入籍した日は2013年12月21日です。

お二人の間にはまだお子さんはいらっしゃらないようですね。

鷲巣あやのさんは1983年神奈川県生まれ。

馴れ初めは2012年4月9日のこと、ロッテの同僚・角中勝也選手の妻と共通の友人だったことから、ゴルフを通じて知り合ったのだそうです。

3歳年上の姉さん女房で、青松敬鎔さんが現役だった時、野菜コーディネーターの資格を取って食生活面などで全面的に青松敬鎔さんを支えようと努力するなど、とても真面目な努力家の方のようです。

青松敬鎔(青松慶侑)さんの現在の就職先と収入

青松敬鎔さんがプロ野球選手引退後にセカンドキャリアとして選んだのは、会社員でした。

就職先はソニー生命保険株式会社で、2017年1月からライフプランナーとして勤務なさっています。

気になる年収の方ですが、プロ野球選手としては、青松敬鎔さんは契約金3000万円、年俸450万円でプロ入りし、2016年の年俸は690万円でした。

青松敬鎔さんの現在の職業であるライフプランナーというのは、要するに生命保険の営業ですから、どれだけ成約したかにかかっています。

ソニー生命保険株式会社の場合、入社2年目からは、完全歩合制なのだそうです。

ソニー生命保険株式会社の平均年収は平成27年で約800万円とのことですので、高い部類と言えます。

しかし、ライフプランナーに関しては、確かにそれくらい稼ぐ人がいるのも確かですが、成績が振るわず200万円程度しか稼げない人もいるようです。

さらに、ソニー生命保険株式会社の平均年収は、平成20年の約1100万円から大幅に減少しています。この流れは今後も続く可能性があります。

ですので、来年から2年目に入って完全歩合制になれば、青松敬鎔さんにとっては厳しい世界が待ち受けており、正念場になると言えます。

しかし、青松敬鎔さんはプロ野球選手として12年間やってきた実績があるので、完全能力給はむしろ望むところかもしれません。

持ち前の精神力を活かして、ぜひセカンドキャリアで花を咲かせてほしいですよね。

以上、青松敬鎔さんについてでした。最後までお読み頂きありがとうございました。