元サンミュージックアイドルOことパンプキンの小川真澄さんが爆報!THEフライデーに登場。

今現在は永見真澄という名で、鳥取県米子市在住。最近ではアンジャッシュ児島さんの初恋相手として話題になりました。

その小川真澄さんの娘さんの障害、夫について調べてみました。

Sponsored Link

小川真澄さんのプロフィール

名前:小川真澄(おがわ・ますみ)
本名:永見真澄(ながみ・ますみ)
出身地:東京都八王子市
生年月日:1972年5月6日
学歴:堀越高等学校、亜細亜大学経営学部卒業

小川真澄さんの夫、結婚

実は小川真澄さん、結婚を3度なさっています。

最初の結婚は22歳の時。最初の夫は鳥取出身だったため、東京から引っ越し、3人の娘を授かります。

しかし、「性格の不一致」により8年で離婚。鳥取が気に入ったため、そのまま住み続けます。

そして現地の男性と2度目の結婚をしますが、こちらも5年で離婚してしまいます。

もう結婚はコリゴリ、と思っていたところに現れたのが、小川真澄さんの1歳年上になる現在の旦那さんでした。

旦那さんの名前は永見仁(ながみ・ひとし)さんといいます。「タイヤセンターナガミ」というタイヤ・ホイールの販売や修理をする会社の社長をなさっています。

Sponsored Link

小川真澄(永見真澄)さんの娘

小川真澄(永見真澄)さんには、最初の結婚で授かった娘さんが3人いらっしゃいます。それぞれ名前を、

長女・あいりさん(1997年生)
次女・りんかさん(1999年生)
三女・ののかさん(2001年生)

とおっしゃるのだそうです。

小川真澄(永見真澄)さんの娘さんの障害とその原因

実は、次女のりんかさんには、後天的な知的障害があるのだそうです。

りんかさんは生後6ヶ月の頃、ポリオの予防接種を受け、当日の夜に高熱を発します。

あくる日、病院で診てもらったところ、突発性発疹と診断され、自宅で静養させましたが、容態は悪化する一方で、嘔吐がひどくなります。

そこで、再び病院でりんかさんを診てもらうと、今度は尿路感染症と診断され、処置を受けます。

ところがそれでも症状の改善が見られなかったので、ついに精密検査を受けさせることになりました。

その結果出てきたのが「細菌性髄膜炎」という病名でした。

普通は無色透明なはずの髄液が、感染によりオレンジ色になり、CTスキャンの写真でも、左右の脳の形がまったく違う状態で、重症だったそうです。

ようやく本当の病名がわかり、適切な処置がなされたため、幸いにもりんかさんは一命をとりとめます。

しかし、対応が遅れたため、りんかさんには後遺症が残ってしまい、現在も軽い知的障害を負っているのだそうです。

この経験は、小川真澄(永見真澄)さんに重い教訓を残したといいます。そしてその教訓を伝えたいがために、今回の爆報!THEフライデーへの出演を許諾したのだそうです。

小川真澄(永見真澄)さんの口から、何が語られるのでしょうか。

小川真澄(永見真澄)さんの過去の経歴、学歴、芸能界引退後から現在に至る経歴はこちら