Sponsored Link

佐々木勇気さんはイケメンで目つき鋭い

佐々木勇気さんといえば、あの藤井聡太さんを破り、その30連勝を阻止したイケメン棋士として話題です。

藤井聡太さんの対局にしばしば顔を出し、その様子から「座敷わらし」なんて呼ばれたりもしているようですね。

7月2日の藤井聡太さんとの対局に向けた、対策や準備の一環として、藤井さんの将棋の研究のためにやっていたことなのだそうです。

その入念な対策が実って、7月2日の竜王戦本戦2回戦の対局では見事勝利。

プロ入り後、公式戦では一度も負け知らずだった藤井聡太さんに初めて土をつけたイケメン棋士として大きな話題になりました。

さて、その「座敷わらし」の写真がこちらです。

可愛らしい呼ばれ方をしていますが、目つきはイケメンで真剣そのものですね。

「眼力王子」なんてあだ名もついているみたいです。

「イケメンじゃない」なんて声もあるみたいですが、こればっかりは見る人の主観の問題ですからね。

ただ、一般的に言ってやはりイケメンと言ってよいのではないでしょうかね。

あと、藤井聡太さんに勝利した後のコメント、

「これだけ連勝できるということは、高い志があるのかなと思った。連勝記録が注目されても表情に出さず、対局に集中していて、中学生にはできない素晴らしい姿勢」

もとてもイケメンです。自分の勝利に関してはあくまでも「先手番だったのが大きかった」と謙遜する一方(先手の方が後手より有利になりやすい)、藤井聡太さんの人間性や姿勢をとても爽やかに称えています。

佐々木勇気さんご自身が、取りも直さず「高い志」で将棋に邁進しているからこそ出て来る言葉なのだと思います。

Sponsored Link

佐々木勇気さんの青いのって?

佐々木勇気さんについて、「青いの」という関連ワードが出てきます。

どうやら棋士同士の内輪のフットサルイベントに参加したときに、一人だけ日本代表の青いユニフォームを着て試合に出ていたのだそうです。

そのときに、守備に回らずに攻撃ばかりしていたため、一緒にプレーしていた渡辺明竜王から、

「そこの青いの、守備に回れ」

と注意されたのだそうです。

それ以降、佐々木勇気さんを指す言葉として「青いの」が広まったということのようですね。

佐々木勇気さんの親

佐々木勇気さんの親の職業に興味のある人が多いようですね。

調べてみたのですが、佐々木勇気さんの親の職業については特に情報は出回っていないみたいですね。

フランスに赴任しており、子供をスイス・ジュネーブで出産していることなどから、エリートの職種であることは間違いないでしょうね。

となると、やはり大手商社や金融機関、メーカーあたりになるのではないかと思います。

イケメン棋士として注目度が上がっているので、その辺の情報はこれから出てくるかもしれませんね。

以上、佐々木勇気さんについてでした!

藤井聡太さん
杉本昌隆さん(藤井聡太さんの師匠)
加藤一二三さん