春風亭昇太さんはなぜ笑点の司会に?

春風亭昇太さんは、笑点の5代目司会の桂歌丸さんの勇退に伴い、6代目司会に抜擢されました。

しかし、春風亭昇太さんはレギュラーメンバーの中でも一番の新参者でもあり、なぜ司会を任されるようになったのか、について関心が集まっているようです。

笑点の中村博行プロデューサーによると、まず笑点の回答者を1人ずつシミュレーションしてみたのだそうです。

その結果、他のメンバーはいずれも回答者としては外せないことが分かり、なかば「消去法」で春風亭昇太さんに決まったとのことです。

これは半分冗談交じりの表現ですが、先代の司会者である桂歌丸さんから春風亭昇太さんを推薦されたということが大きかったようです。

桂歌丸さんによると、笑点を長く続けるためにも、若くて明るくて即興力もある春風亭昇太さんがよい、とのことだったそうです。

そして、中村プロデューサーも「番組が100年続くように」という観点から、次代の司会者を回答者の中から選ぶのがよいという結論になり、さらに消去法から春風亭昇太さんが選ばれた、というのが真相のようです。

笑点という番組の継続やさらなる発展のために、若返り、刷新を図ったということのようですね。

春風亭昇太さんに決まった時の騒がれようといい、現在の笑点の人気ぶりといい、桂歌丸さんと中村プロデューサーの読みは見事的中したと言えるでしょうね。

Sponsored Link

春風亭昇太さんの結婚。バツイチ?

春風亭昇太さんの結婚歴についてですが、現在独身で、結婚したこともないとのことです。

したがって、バツイチでもありません。

では、なぜ春風亭昇太さんは今も独身なのでしょうか?

春風亭昇太さんご本人によると、「結婚できない」のではなく「結婚しない」主義なのだそうです。

30年近く前に、ある女性に指輪まで買ったこともあるそうですが、その女性に裏切られた過去があったといいます。

待ち合わせした喫茶店に、女性がいつまで経ってもやって来ないので、あきらめて彼女の行きつけのバーに立ち寄って飲もうとしたところ、そこで別の男性と2人で飲んでいるのを目撃したという過去があったそうです。

以来、恋愛には及び腰になってしまっているのだそうです。

また、かつて中学生の時には、8歳年上だった新米の女性教師に片思いしていたこともあったそうで、恋愛に不器用な春風亭昇太さんの姿が浮かび上がってきます。

春風亭昇太さんは本当はどこかで結婚したい気持ちはあるものの、過去の経験から一歩を踏み出せずにいる、という感じかもしれませんね。

春風亭昇太さんと吉田羊さんとの関係については次のページで!