高田万由子さんといえば、高田商会の創業家・高田家の末裔という超セレブとして有名ですが、その父親高田祐一さんはどのような方なのか?

高田祐一さんはすでに亡くなったそうですが、その死因、職業や会社や学歴などについて調べてみました。

Sponsored Link

高田万由子さんの父親・高田祐一さん

高田万由子さんの父親は、高田祐一さんといいます。

高田家は、明治時代に高田慎蔵氏が武器機械商として一代で財を築き上げ、明治三大貿易商の一角である「高田商会」の創業家として知られています。

しかし、高田商会は高田慎蔵氏の娘婿である高田釜吉氏の代で一度破綻してしまいます。

その高田釜吉氏の娘が北岡家に嫁いで生まれた子供が北岡祐一さんでした。

北岡祐一さんはのちに高田家の養子となり、高田祐一を名乗るようになります。

高田祐一さんは学習院大学を卒業しているようです。また、高田祐一さんは東京都世田谷区にあるUNION・高田商会という会社を経営していました。

UNION・高田商会は各国の高級自動車の直輸入即売販売を主な事業とし、メルセデスベンツ、BMW、ポルシェ、ジャガー、ロールスロイスなど有名外車をはじめ輸入車、また国産車全般を取り扱っています。

なお、UNION・高田商会のホームページは現在も存在していますが、更新が2003年あたりで止まっているので、現在はどういう状況なのか今ひとつ把握できませんでした。

なお、このUNION・高田商会は、高田商会の店舗の一つという位置づけのようです。

「株式会社高田商会」は現在も継続しており、産業機械や電気電子機器、工業資材といった商品の輸入・販売を手がけているようです。

本社である株式会社高田商会は、現在西野博志さんという方が代表取締役を務めているようです。

Sponsored Link

高田万由子さんの父・高田祐一さんの死。死因は?

高田祐一さんは2004年10月28日、都内の病院で収縮性心外膜炎のために逝去しました。68歳でした。

収縮性心外膜炎とは、心臓を包んでいる袋である心膜の炎症のことです。

心膜の炎症が進むと、線維化や石灰化して硬くなります。

心臓を包む心膜が硬くなった結果、心臓の拡張が困難になり、心臓から送り出される血液の量が少なくなってしまい、それにより様々な症状が引き起こされるのだそうです。

なお、高田家といえば、高田万由子さんの影響もあり、一般にも超セレブ一族として知られていますが、葬儀は近親者だけで済ませるという慎ましいものだったそうです。

高田万由子さんの子供の頃の小遣いが月3000円だったというエピソードもそうですが、高田家は代々続く本物のセレブ一族だけに、お金を遣うべきところとそうでないところの明確な線引きがあるのでしょうね。

以上、高田万由子さんの父・高田祐一さんについてでした。最後までお読み頂きありがとうございました。

高田万由子さんの娘・高田向日葵さんについて