研ナオコさんが右大腿骨頸部骨折の手術に成功し復帰したことをブログで報告しました。

入院先病院はどこか、公演や代役、骨折の瞬間動画やなぜか、骨粗鬆症や認知症の噂などが関心の的のようです。

これらについて、研ナオコさんの簡単なプロフィールとともに調べてみました。

Sponsored Link

研ナオコさんのプロフィール

名前:研ナオコ(けん・なおこ)
本名:野口なを子(のぐち・なをこ)旧姓浅田
出身地:静岡県伊豆市
生年月日:1953年7月7日
年齢:63歳(執筆時)
身長:162センチ
体重:51.5キロ
血液型:A型
学歴:静岡県立三島南高等学校中退
所属:田辺エージェンシー

研ナオコさんの骨折、手術。代役は?

研ナオコさんは、2017年3月21日に、山梨県甲府市で行われていた梅沢富美男さんとの舞台『アッ!とおどろく夢芝居』の第1部の公演中に、畳の上で足を滑らせて転倒しました。

そして、そのまま動けなくなり、梅沢富美男さんが抱えて舞台袖に退場するというハプニングになりました。

その後、第2部の歌謡ショーには出演せず、緊急入院することになりました。

右大腿骨頸部骨折の重傷で全治3ヶ月と診断され、3月27日に人工骨頭置換術により人工関節と置き換え、以後リハビリに励んでいました。

約1ヶ月後の4月25日に退院し、通院による治療を続けながら、5月中旬ごろに復帰する予定とのことです。

4月19日のアメブロでは、術後3週間経った時点でも、椅子に座れず、寝返りもうてず、うつ伏せにもなれない状態であることを報告しています。

寝たきりになってしまうと、1日で1%の筋肉が落ちてしまうそうで、痛くてきついのを我慢しながら毎日リハビリに励んでいるそうです。

また、帰宅後は、自宅の階段に黄色い蛍光テープを貼って目印にするなど、転ばないための工夫をなさっているようです。

ちなみに、研ナオコさんは、怪我をしてから手術をするまでの1週間、あまりの痛さに家族やスタッフや病院関係者に暴言を吐きまくっていたそうですが、あまり記憶がないのだそうです。

よほど痛かったのだろうな、と思うと同時に、周囲の人も大変だっただろうな、と思ってしまいました(^_^;)

Sponsored Link

研ナオコさんの代役は?

なお、公演の代役についてですが、4月の最初の2つの公演については、

4/3(月) 練馬文化センター(東京)→7/6(木)
4/10(月)宇都宮文化会館→9/14(木)

に順延されるようです。

4月15日(土)~26日(水)に関しては、瀬川瑛子さんが代役を務めたようですね。

5月以降の公演は、予定通り行われるとのことです。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

他の研ナオコさん出演の舞台としては、5月8日以降「小椋 佳 トリビュート・コンサート 2017 ~命はいつも生きようとしてる~」や、5月13日以降「研ナオコ・野口五郎スペシャルステージ ~お気に召すかな!?~」が順次開演されるようです。

研ナオコさんの病院、骨折の原因については次のページで!