天才中学生将棋棋士・藤井聡太四段が炎の七番勝負で羽生善治三冠に勝ち、6勝1敗の結果となったことが話題です。

典型的なアスペルガーや発達障害という噂、また父親正史さんの勤務先が住宅設備inaxかlixilかという噂があるようです。

その藤井聡太さんについて、成績や中学校名や偏差値、母親や兄弟など家族、経歴などwikiプロフィールについて調べてみました。

Sponsored Link

藤井聡太さんのプロフィール

名前:藤井聡太(ふじい・そうた)
出身地:愛知県瀬戸市
生年月日:2002年7月19日
年齢:14歳(執筆時)
学歴:名古屋大学教育学部附属中学校在学

藤井聡太さんは2002年愛知県瀬戸市生まれ。

5歳の時に祖母に将棋を教わり、2010年3月に東海研修会に入会し、2012年9月に奨励会に6級で入会します。

奨励会というのはプロの将棋棋士の養成機関で、6級から三段まであります。

規定の成績を挙げると上の段級位に進むことができ、半年ごとに行われる三段リーグで上位2人が四段に昇段し、プロ棋士と認定されます。

奨励会員は全部で150人程度、三段リーグは30~40人程度で、そのうち半年に2人しかプロになれないという、非常に狭き門です。

その狭き門である三段リーグを、藤井聡太さんはわずか1期で抜け出し、2016年10月1日付、14歳2ヶ月の史上最年少でプロ棋士(四段)となりました。

Sponsored Link

藤井聡太さんの成績

藤井聡太さんの成績は、まだプロ棋士になりたてということもあり、データは少ないです。

しかし、トッププロも参戦する詰将棋解答選手権に2015年、小学生として初めて優勝し、2016年、2017年と三連覇するという偉業をすでに成し遂げています。

2016年9月3日には奨励会三段リーグに13勝5敗の1位となり、10月1日付、14歳2ヶ月でプロ棋士(四段)となりました。

これは1954年に、14歳7ヶ月でプロ棋士になった加藤一二三さんの最年少記録を62年ぶりに更新する快挙でした。

2017年3月12日~4月23日にかけて行われたAbema TVの企画「藤井聡太四段 炎の七番勝負」では、7人のトップクラスの活躍をする現役棋士たちと対局し、

第1局 増田康宏四段○
第2局 永瀬拓矢六段●
第3局 斎藤慎太郎六段○
第4局 中村太地六段○
第5局 深浦康市九段○
第6局 佐藤康光九段○
第7局 羽生善治三冠○

で6勝1敗という好成績を残し、将棋界を始め世間を驚愕させました。

特に非公式戦とはいえ、初対局で羽生善治三冠に勝利したことは、大きな驚きを持って迎え入れられました。

公式戦では、2016年12月24日に行われた竜王戦での加藤一二三さんとのプロ初対局に勝利したのを皮切りに、2017年6月26日に竜王戦本戦第1回戦で増田康宏四段に勝利し、公式戦29連勝を達成。

続く2017年7月2日の竜王戦本戦第2回戦で佐々木勇気五段にプロ入り後初めての敗北を喫し、連勝記録は29でストップしました。

しかし、この記録は、神谷広志八段が1986~87年度にかけ達成した28連勝を30年ぶりに更新し、連勝記録歴代単独第1位となっています。

なお、これはプロデビュー後から続く連勝記録にもなっています(2位は松本佳介四段、近藤正和四段の10連勝、肩書は当時)。

藤井聡太さんの父親母親兄弟など家族、中学校、アスペルガーや発達障害の噂の検証については次のページで!