第2子誕生で話題の落語家立川志らくさんについて、嫁酒井莉加(サカイリカ)さんがタトゥーで変という噂やその年齢画像、元嫁を捨てた離婚歴の噂やその理由、偉そうな顔が嫌い、話し方が面白くないなどの評価に関心が集まっているようです。

これら立川志らくさんの噂について、経歴wikiプロフィールとともに調べてみました。

Sponsored Link

立川志らくさんのプロフィール

名前:立川志らく(たてかわ・しらく)
本名:新間一弘(しんま・かずひろ)
出身地:東京都世田谷区
生年月日:1963年8月16日
年齢:53歳(執筆時)
学歴:日本大学第三高等学校卒業、日本大学芸術学部中退

立川志らくさんは1963年東京都世田谷区生まれ。

父親はギタリスト、母親は長唄という家庭で育ち、中学生の頃から落語と映画に強い興味を持つようになります。

日本大学藝術学部に進学し、落語研究会に所属。4年生のときに立川談志さんに入門し、前座名「立川志らく」を名乗ります。

大学を中退後、1988年3月に二つ目、1995年11月に真打に昇進。

2003年には劇団下町ダニーローズを主宰し、舞台演出家や脚本家としても活動を始めます。

他に映画にも造詣が深く、映画監督として「異常暮色」「死神パラダイス」などの作品を発表するほか、映画雑誌の連載、映画専門チャンネルの映画解説者など、映画人としても活躍しています。

また、立川志らくさんはその弟子の多さでも知られており、2017年4月現在で20人の弟子を抱えています。

そのうちの5人が真打として活躍しており、立川志らくさんは落語における後進の育成にも大きな貢献をしています。

Sponsored Link

立川志らくさんの嫁・酒井莉加さん

立川志らくさんの奥さんは酒井莉加(さかい・りか)さんと言います。

酒井莉加さんは1981年兵庫県生まれ。立川志らくさんの18歳年下になります。

元々Link Link Linkというアイドルグループに所属し活動なさっていたようですが、解散します。

その後、2003年に立川志らくさん主宰の劇団・ダニーローズに所属し、女優として活動を始めます。

それがきっかけで交際が始まり、同棲するようになったそうです。

そして、同棲し始めてから4年ほど経ったある日、2人が住む家の玄関に婚姻届が貼られていたそうです。

それは、立川志らくさん一流のプロポーズの仕方でした。

酒井莉加さんはその風変わりなプロポーズを受け入れ、2006年、2人は晴れて結婚することになりました。

立川志らくさんの子供、離婚歴、偉そうと評される理由については次のページで!