益子直美さんが病気で心臓病(心房細動)手術を受けていたことが、2017.4.17の結婚したら人生激変で取り上げられ話題になりました。

その益子直美さんの心臓を病気を治療した病院はどこか、旦那さん、身長や年の差、自転車のことなどについて調べてみました。

Sponsored Link

益子直美さんのプロフィール

名前:益子直美(ますこ・なおみ)
出身地:東京都葛飾区
生年月日:1966年5月20日
年齢:50歳(執筆時)
身長:175センチ
体重:58キロ
血液型:A型
学歴:共栄学園高等学校卒業

益子直美さんは1966年東京都葛飾区生まれ。バレーボールを始めたのはアニメ「アタックNo.1」の影響だったそうです。

中学校入学と同時にバレーボールを始め、3年生のときに主将となり、東京都選抜に選ばれるなど、早くに頭角を現します。

1982年に地元の共栄学園高等学校に進学し、高校3年生で全日本代表に選ばれます。

1985年にイトーヨーカドー女子バレーボール部に入団し、以後も全日本代表メンバーとして活躍。

1992年に現役を引退した後は、タレントに転身し、スポーツキャスターやNHK「トップランナー」の司会などで活躍します。

長らくバレーボールの現場から身を引いていましたが、2015年に淑徳大学バレーボール部監督に就任し、23年ぶりに現役復帰。

6部リーグと低迷していた同チームをわずか2年で4部リーグにまで浮上させるなど、監督としても優れた手腕を発揮しています。

Sponsored Link

益子直美さんの心臓の病気は心房細動

益子直美さんは、50歳を迎え、少しの運動で息が上がるようになってきたといいます。

2017年3月に病院で受診したところ、「心房細動」という心臓の病気であることが判明しました。

心房細動というのは、心臓の収縮が不規則な間隔で起きる不整脈の一種なのだそうです。

心臓から送り出される血液の量が減ることでめまいや動悸、疲れやすさを感じるようになります。

さらに血液がよどむことで血栓ができやすくなり、放置すれば脳梗塞や心筋梗塞などの原因になりうる、恐ろしい病気です。

そのため、益子直美さんは手術を受けることを決意。手術は見事に成功します。

心臓カテーテル手術を受ける当日に、益子直美さんは旦那さんに想いをしたためたノートを手渡したそうです。

その内容は2017年4月17日放映の「結婚したら人生激変」で明かされるようですね。きっとこの手術を乗り越えて、夫婦の絆はますます強く深まっていくのでしょうね。

益子直美さんの旦那・山本雅道さんのこと、また井手らっきょさんや安東弘樹さんとの噂については次のページで!